お知らせ

膿皮症(皮膚の細菌感染)

蕨中央動物病院(旧アオト動物病院)の【中村獣医師の症例紹介】〜知っておいた方が良い病気のお話〜

膿皮症(皮膚の細菌感染)

乾燥肌やアレルギー、ホルモンの病気など様々な理由で皮膚の表面にいる菌が増殖してしまい、痒みや赤みを引き起こした状態です。真ん中にカサブタみたいなものができるのが特徴です。
シャンプーや外用薬の塗布、抗生物質などの投与が基本になりますが、基礎疾患の治療も大事なポイントです。

 

埼玉県蕨市にある蕨中央動物病院。
埼玉県でエキゾの診療と言ったら、まずは当院にご相談ください!
蕨市、戸田氏、川口市、さいたま市南区や都内から多くの方にお越しいただいております。
ご予約・お問い合わせはLINE(https://lin.ee/V6OqviF)またはお電話(048-431-3003)よりどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Accessアクセス

〒335-0004 埼玉県蕨市中央4‐18‐13

電車 京浜東北線「蕨駅」より徒歩10分/
駐車場7台有(病院横にございます)