お知らせ

巨大結腸症(猫の便秘症)

蕨中央動物病院(旧アオト動物病院)の【中村獣医師の症例紹介】〜知っておいた方が良い病気のお話〜

巨大結腸症(猫の便秘症)

猫はさまざまな問題で便秘症を引き起こします。
腎臓が悪い、神経的な異常、体質や食事内容などその原因の治療をしますが、なかなか改善せず便秘を繰り返す子も多いです。
あまりに出ない場合には麻酔をかけて摘便(指でうんちを出す)処置をしないといけないケースもいます。

埼玉県蕨市にある蕨中央動物病院。
埼玉県でエキゾの診療と言ったら、まずは当院にご相談ください!
蕨市、戸田市、川口市、さいたま市南区や都内から多くの方にお越しいただいております。
ご予約・お問い合わせはLINE(https://lin.ee/V6OqviF)またはお電話(048-431-3003)よりどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Accessアクセス

〒335-0004 埼玉県蕨市中央4‐18‐13

電車 京浜東北線「蕨駅」より徒歩10分/
駐車場7台有(病院横にございます)