お知らせ

誤食の治療(内視鏡下異物摘出)

蕨中央動物病院(旧アオト動物病院)の【中村獣医師の症例紹介】〜知っておいた方が良い病気のお話〜

誤食の治療(内視鏡下異物摘出)

若いワンちゃんネコちゃんはおもちゃや金属類、ヒモなどを誤食することが多く、開腹または内視鏡による摘出をする場合があります。
異物がまだ胃の中にあって、食道を傷つけずに通ることができるものに関しては内視鏡での摘出が可能です(異物による)。

埼玉県蕨市にある蕨中央動物病院。
埼玉県でエキゾの診療と言ったら、まずは当院にご相談ください!
蕨市、戸田市、川口市、さいたま市南区や都内から多くの方にお越しいただいております。
ご予約・お問い合わせはLINE(https://lin.ee/V6OqviF)またはお電話(048-431-3003)よりどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Accessアクセス

〒335-0004 埼玉県蕨市中央4‐18‐13

電車 京浜東北線「蕨駅」より徒歩10分/
駐車場7台有(病院横にございます)